主な矯正装置の種類と特長

ワイヤーやブラケットを使う矯正や、ワイヤーを使わないワイヤレス矯正、歯の裏側につける舌側矯正など、いろいろな矯正装置があります。患者様のご希望によって治療は様々です。代表的な6タイプの装置の特長をご紹介します。
 

 金属ブラケット
歯の表側に接着する装置で、金属製のブラケットです。矯正治療と聞いて多くの人が想像するのが、この金属製のブラケットです。
 
.gif

-.png

 

 

 審美ブラケット
白や透明色の目立たない色のブラケットを審美ブラケットといいます。金属ブラケットよりも目立ちませんが、表側につけるので、装置自体は見えます。
 
.gif

-.png

 

 

 セルフライゲーションブラケット(ローフリクション)
従来の表側矯正装置よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦力をより軽減させた設計の装置。痛みが軽減したり、効率的に治療できるといわれています。
 
.gif
-.png
 
 
 裏側矯正(舌側矯正 / リンガルブラケット)
歯の裏側に装着するブラケットです。表からは見えないので、周囲の人から気づかれずに治療できます。特殊な装置なので歯科医師の経験が必要です。 
 
.gif
.png
 
 
 ハーフリンガル矯正
表側矯正と裏側矯正とを併用した矯正治療です。上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置をつけて治療します。
 
.gif
-.png
 
 
 マウスピース矯正
ワイヤーやブラケットを使わず、透明で薄いマウスピース型の装置を用いて歯を動かします。装置は自分で取り外し可能です。
 
.gif
-.png

場所がわからない
無料相談は
048-886-6736

ホーム
menyu001.jpg
menyu002.jpg
menyu003.jpg
menyu004.jpg menyu005.jpg
menyu006.jpg
矯正治療とは? menyu008.jpg
審美歯科・セラミック歯
その他Q&A
歯ブラシ・ケア用品紹介
197.jpg
アクセス
menyu007.jpg
ENGLISH
menyu009.jpg

携帯サイトご利用ください

小児科サイトはこちら

ネット予約

.png