ドライマウス緩和科 口腔内乾燥症相談

善積歯科医院のドライマウストリートメントについて

 .png

お口の中がパサパサしていませんか?

口の中が乾いていて、パンやクッキーなどのパサパサした食感の食べ物をうまく食べることができなかったり、食べ物が飲み込みづらくなったりしていませんか?また、しゃべるときに、ぺちゃぺちゃ音がしたり、舌が乾燥からひりひりしたり、舌と粘膜がくっついてしゃべりにくく痛みがあったり・・・・・
もしかすると、それはドライマウスかもしれません。 

 

ドライマウスとは

mouth_img01.jpg

ドライマウスは、「口腔乾燥症」とも呼ばれる、お口の中が乾燥状態になる症状。日本国内では約3000万人の患者がいるといわれています。また、ドライアイ(乾燥性角結膜炎)の症状を持つ人の多くが、ドライマウスの症状も持つといわれています。
ドライマウスは、唾液の分泌量が低下することで起こります。そのため、細菌を洗い流す力がなくなって虫歯・歯周病になりやすくなるほか、口臭の原因にもなるのです。また食べ物が飲み込みにくくなる「摂食嚥下障害」も起こしやすくなります。

 

ドライマウスの症状

口腔内の乾燥 

唾液量が減ってしまうと粘膜に湿り気がなくなり乾燥してしまいます。

舌乳頭の萎縮  舌の表面にあるブツブツとした「舌乳頭(ぜつにゅうとう)」が縮んでしまい、ツルツルになってしまいます。
粘膜の赤み  唾液の減少により粘膜の保護作用や抗菌作用が低下して粘膜に炎症を起こしやすくなります。
口角炎  口を開けたときに、切れる、触ると痛むなどの症状が現れることがあります。
カンジダ症 口腔内の自浄作用が低下するため感染症を起こしやすくなります。
虫歯・歯周病 虫歯や歯周病などの感染症にかかりやすくなります。

 

 病態 

口腔乾燥症は、唾液腺の何らかの障害によって唾液分泌低下による口腔の乾燥感を生じ、口腔の違和感、強い口臭、舌痛症や口腔粘膜の疼痛、口内炎や口腔カンジダ症、咀嚼、嚥下、味覚、構音などの障害を示すようになります。ときとして口渇(喉の渇きを訴え冷たい水をほしがる)を伴うこともあります。

【ドライマウスの原因】

  • 口が渇く副作用のある薬を服用
  • 老化による唾液分泌量の低下
  • 精神的な緊張や過度のストレス
  • 口呼吸
  • 糖尿病・腎臓病・肝臓病などの全身疾患
  • 放射線治療・骨髄移植など
  • 喫煙などの生活習慣

 

ご存知のように、口腔内乾燥症は完璧な治療がなく、悩んでおられる患者様が多数おられます。
当院では、<治療>ではなく、<緩和ケア>という考えでアプローチし、患者様のつらい症状をいくらかでも楽になっていただけるようにサポートさせていただきます。
また、膠原病由来のシェーグレン症候群(まった唾液が作られなくなった病気)や、カンジタ菌感染の疑われる患者様に関しましては、北浦和の社会保険病院にて検査を紹介させていただいております。

 

ドライマウス緩和ケア

ドライマウス緩和の流れ

  • 問診(基礎疾患・常用薬の確認)
  • 視診(粘膜の状態)
  • ガムテスト(10.0m 1/10分以下は分泌量↓)

 様々な口腔内乾燥症オーラルケア用品、お手入れの仕方などにつきましては、歯科衛生士による商品のお試しをさせていただいております。


1)原因の改善♪

唾液分泌量減少の状態確認と、原因の追究を行い、原因の除去を行うべきですが、他の疾患治療のために、口腔内乾燥症の原因薬物などの投薬中止が不可能であることが多いようです。生活習慣に問題がある場合はその改善を行うことが大切です。

 

2)唾液腺のマッサージ♪

患者さん自身に耳下腺を外部からマッサージをしていただくだけでも、かなりの効果があります。歯科衛生士が丁寧にご説明させていただきます。(DH 善積ひろ子)

マッサージと同様に、オーラルウエットケア用品を使うと、快適になる方が多くいらっしゃいます。

その方にあったケア用品を、いくつもある商品を実際にご用意していますので、お試しいただきながら衛生士とご自身にあったケア用品を見つけていただきます。

 

3)お薬・漢方とのお付き合い

漢方薬を含む唾液分泌を促す内服剤の使用は有効な患者様もいらっしゃいます。しかし。それらにも個人差があります。時間がかかる場合もございます。含嗽剤やオーラルウエットタブレット、トローチなども効果がある場合もございます。

高度乾燥症での頻回の水道水による含嗽は、かえって口腔内の保湿成分の喪失につながるケースもあり、むしろ人工唾液などの保湿成分を含んだ薬剤の使用が望ましいようです。
それらに効果がない場合、難航が有効な症例もあります。
介護が必要で 、お口や口角や口唇の乾燥がある患者様で、口呼吸を行っているような症例では、口腔内の清拭を行った後、オリーブ油をワッテに浸して、口腔内、口唇部に薄く塗布することを1日数回行うと効果的な場合もございます。

サリグレン®カプセル(30mg) 3cap分3(シェーグレン症候群の場合)
麦門冬湯(ばくもんどうとう)エキス顆粒9g分3
白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)9g分3(口渇を伴う場合)

ハチアズレ®含嗽剤 通常1回1包(2g)
アズノール®うがい液4%
ヒアルロン酸含有洗口液(オーラルウェット)うがい、もしくは噴霧

デキサルチン®軟膏 少量を1日3~4回塗布
口腔用ケナログ®軟膏 少量を1日3~4回塗布

サリベート® 1回に1秒~2秒口の中に噴霧
保湿・保潤ジェル(Biotene® オーラルバランス)
洗口液(Biotene® マウスウォッシュ) 
ワセリン(1日数回口腔内に塗布)
オリーブ油(1日数回口腔内に塗布)

 

4)保湿装置(モイスチャープレート、モイスチャートレー)

睡眠中に口が乾くという人には、保湿装置が有効です。
これは歯ぎしり防止用のナイトガードと類似した形状で、保水スペースに保湿剤などを入れた状態で上の顎に装着して使用します。また、ハード型とソフト型があり、使用感や好みによって使い分けることができます。ご相談ください。

 

.png

 

画像をクリックすると拡大されます。

.png

 


 

 

場所がわからない
無料相談は
048-886-6736

ホーム
診療科目
院長・副院長あいさつ
院内紹介
マタニティ歯科 ~妊婦さんへ197.jpg
矯正科
矯正治療とは?¥2,700 ホワイトニング
審美歯科・セラミック歯
その他Q&A
歯ブラシ・ケア用品紹介
197.jpg
アクセス
ENGLISH
ENGLISH
ENGLISH

携帯サイトご利用ください

小児科サイトはこちら

ネット予約

.png